高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ブログ

外壁塗装の塗料の種類を紹介します

2019/10/02

「外壁塗装がしたいがどのような塗料があるのか知りたい」
「塗料の種類がわからない」
このようにお悩みの方はいませんか?
外壁塗装の塗料に触れる機会がある方は少ないため、よくわからないと思うかもしれません。
ですが、意外とわかりやすく区分できます。
今回は、高知県で外壁塗装をお考えの方に、塗料の種類について、原材料別にご紹介します。

 

□知っておきたい塗料の種類

*大きく分けて4種類

外壁塗装で使用される塗料は、合成樹脂を主成分に作られています。
含有物質によって、仕上がりや耐久年数は変化します。
塗料の種類を主成分別で4つに大きく分け、それをグレードと呼びます。
今回はこのグレードを中心に塗料の種類を紹介します。

・アクリル系

アクリル系塗料は軽量で発色の良い塗料です。
コストパフォーマンスにも優れていますが、紫外線に弱いため、耐用年数は4~7年と短めです。
また、汚れやすいといった弱点があるため、近年は外壁塗装にはあまり使用されていないと言われています。

・ウレタン系

ウレタン系塗料はアクリル系塗料と対比して、優れた防水性と耐水性を持っています。
比較的ローコストで塗れるため、戸建て住宅をはじめ様々な建物で使用されており、密着性も高いため、塗装の剥離が気になる場所にも使えます。
耐用年数も安定しているため、コストパフォーマンスが高いです。

・シリコン系

ウレタン系塗料よりも、持ちや仕上がりの良さ、防水性などが勝ります。
また、防カビ性や防藻性などの高い性能を持っています。
耐用年数も10~15年と長いため、もっとも人気の素材です。

・フッ素系

優れた耐久性や撥水性を持ち、耐用年数も高いですが、汚れやすい塗料です。
美しい光沢を持ちますが、汚れやすさに加えて価格も高いため、一般住宅での使用頻度はそれほど多くありません。
主に商業施設やビルなどで使用されています。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の塗料の種類について、ご紹介しました。
自分の理想とする仕上がりや、使う場所の目的によって、合っている塗料を使い分けることをおすすめします。
自分では決められないという場合は、迷わず専門業者に依頼することをおすすめします。
塗料は原料が同じであっても、メーカーによって耐用年数や発色などが変わるため、自分で決めることは困難だからです。
希望の条件や、どのような目的で塗るかを決めて、複数の業者に相見積もりをとることをおすすめします。
高知県で外壁塗装の塗料の種類にお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装に関することやリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

Copyright ©‘2019’ 株式会社M'sペイント All rights Reserved.