高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ブログ

外壁塗装の寿命は何年?寿命を伸ばすポイントも解説!

2021/06/15

雨や風の影響を受けやすい外壁は、定期的にメンテナンスを行う必要があります。しかし、メンテナンスには時間も費用もかかるので、疎かになっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

外壁のメンテナンスを怠ると、家全体の劣化につながってしまい、家全体のリフォームを行う必要が出てくるかもしれません。そうなると、時間や費用は余計にかかってしまうので、外壁のメンテナンスは定期的に行いましょう。

今回は、外壁塗装の寿命について解説していきます。寿命を伸ばすポイントについてもご紹介するので、メンテナンスの手間をできるだけ減らしたいという人は参考にしてください。

 

□外壁塗装の寿命は何年?

外壁塗装の寿命は、一般的に10年から20年です。ただ、外壁塗装に使う塗料は年々進化しており、使用していると量によっては30年もの耐用年数があるものもあります。耐用年数は、塗料だけで決まるわけではありません。外壁の下地素材によっても異なります。自分の家の外壁の耐用年数がどれくらいであるかは、しっかりと業者に確認してもらっておくと安心です。

 

□外壁が劣化しているサイン

外壁のメンテナンスを行うタイミングは、耐用年数だけでは決められません。実際に外壁の状態を見て、劣化状況を見ながら判断します。住居環境やライフスタイルによって劣化の助教は異なるので、定期的に業者に頼んだり自分で確かめたりしながら、確認するようにしてください。そこで、外壁のメンテナンスを行った方が良い外壁のサインについて解説していきます。

 

*チョーキング

チョーキングとは、外壁に触れたときに手に粉のようなものがつく現象です。チョーキングの現象が起きた場合、外壁が劣化している状態だと判断してください。チョーキングの現象については外壁に触れるだけで判断できるので、定期的に行っておくと安心でしょう。

 

*塗膜の剥がれ

塗膜が剥がれてしまうと、塗膜の間から下塗りや外壁の素材が剥き出しになってしまいます。見た目も悪くなってしまうので、塗膜の剥がれが見つかった場合はなるべく早く塗装の塗り替えを行いましょう。塗膜が剥がれるということは、外壁の素材が直接雨や風のダメージを受けてしまいます。外壁の素材自体の劣化につながるので、時間が経ってしまうと施工費用も高額になってしまうかもしれません。例え塗膜の剥がれが一部だったとしても、今後広がっていく可能性もあるので、塗装を行うことを検討してください。

 

*ひび割れ

外壁にひび割れの減少が見られると、雨漏りにつながるかもしれません。隙間から雨水が侵入する可能性があるからです。雨漏りは家全体の劣化だけではなく、普段の生活にも支障をきたします。ひび割れを発見した場合も、早急に塗装を行うようにしてください。

 

□外壁塗装の寿命を伸ばすポイントは?

既存の塗装のまま寿命を伸ばしたいと思っている人もいるかもしれませんが、塗料の耐用年数を超えて寿命を保つことは極めて難しいです。そのため、外壁塗装の寿命を伸ばしたいのであれば塗料選びにこだわりましょう。耐用年数が長い塗料を選べば、外壁のメンテナンスを行う時期を最大まで伸ばすことが可能です。ただ、耐用年数が長い塗料ほど施工費用は高くなってしまいます。しかし、耐用年数が高い塗料を選べば、ランニングコストの削減が期待できるでしょう。予算と話し合いながら、最適な塗料を選んでください。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の寿命についてまとめてみました。外壁塗装を行う場合は、メンテナンスの必要があることも頭に入れた上で塗料選びを行ってください。

当社では、外壁塗装をはじめ屋根塗装や住宅リフォームを承っています。相談・見積もりは無料です。お客様の理想や予算に合わせ、最適な提案をしております。家のことで悩み事や不安なことがある方は、ぜひご相談ください。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

家全体、水回りをはじめ、外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装やリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

© 2019 株式会社M'sペイント