高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ブログ

外壁の塗装に関する訪問販売に対する注意点とは?

2019/03/20

家に外壁塗装に関系する訪問販売業者が現れ、その人の話している内容が信用できるかわからず困ってしまったという経験はありませんでしたか?
実はこういった訪問販売は多く存在し、外壁の塗装に関する専門的な知識がないために騙されてしまうというケースもあります。
今回はそういったセールスマンとの間にトラブルが発生してしまわないようにも、家の外壁塗装に関する訪問販売が来た際の、注意点を紹介していきます。

 

 

□訪問販売が来た時に注意するべき点とは?

*資格を持っているかどうか

セールスマンの持っている資格を確認することで、その人が信用に足るかどうかの判断ができます。
まず
・塗装工事業許可
・塗装技能士(特級または1級)
・雨漏り診断士
・外装塗装マイスター
ここにあげられている資格を有する人は、高く評価することができ、信用にするに足ります。
しかし、このような資格を持っているかどうかということも判断基準にはなりますが、あくまで判断基準であり、資格を持っているからといって全幅の信頼をおくのは危険です。

 

*積極的に値下げを行ってくるかどうか

セールスマンは最初に設定されている値段から、どんどん値下げしていき、あたかも安いかのように見せることで、カスタマーとの契約をとるという方法を常套手段としています。
そのため、積極的に費用を安くして来た時は、より気を引き締め、注意しなければなりません。
また、こういった時には、外壁塗装の工事の費用の相場は一体どれくらいなのか調べてみることも大事です。

 

*見積もり書はしっかりとしたものかどうか

見積もり書は外壁の事前調査を行なった後に作成されるのですが、その調査項目は、本来ならば、多岐にわたっており簡単に済ますことはできません。
また、見積もり書にも調査結果が載せられるため、もしその調査がいい加減に行われていた場合、見積もり書の項目が少なかったりするので調査がいい加減かどうかが簡単にわかります。
こういった情報量の少ない見積もり書は信頼性も薄く、このようなものを渡して来た業者には注意が必要です。

 

 

□さいごに

ここまでで注意するべき訪問販売業者の手口などを紹介して来ました。
どれだけ注意していても巧妙な話術で契約までこぎつけるセールスマンもいるので、やはり、まず見るべきは、資格、費用の相場、見積もり書、この三点になってきます。
この記事を参考にした上で、家の外壁塗装の工事を進めていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます!

家の外壁がひび割れする原因とその補修方法とは?

2019/03/16

お出かけから帰ってきたときにふと、うちの家の外壁にこんなひび割れってあったっけ?と思ったり、色あせてきてるな、と思った方はその原因や補修方法が気になりますよね。
外壁のひび割れはそのまま放っておくとそれが大きくなって雨漏りに繋がったり隙間風が入ってきたりと大変なことになってしまいます。
そのほかにも外壁が色あせていれば外観も気になってきますよね。
そこで今回はその気になる原因と対策について解説していきます!

 

 

□外壁がひび割れする原因

外壁のひび割れにも様々な種類があり、発見した際にはその種類を見分け、原因を知っていることで正しい対策を取ることができます。
以下では外壁のひび割れの種類とその原因を紹介いたします。

外壁のひび割れの種類は大きく分けると二つあります。
それは、

・表面的なひび割れ
・内側からの深いひび割れ

の二つとなっています。

 

*表面的なひび割れ

表面的なひび割れの原因となるのが、時間の経過によるものです。
外壁の表面の素材は時間が経過し、風雨にさらされそれが乾燥しもろくなってきます。
この繰り返しの中が表面的なひび割れにつながります。
ただしこの表面的なひび割れは比較的に修復可能です。

 

*内側からの深いひび割れ

このひび割れの原因は建物の構造にあります。
この種類のひび割れを表面的なものと思っていると雨漏りなどの被害につながるので、簡単な処理で済まさないようにすることが肝心です。

 

 

□外壁のひび割れの補修方法

ここでは明日からでも実践できる簡単な補修方法を紹介していきます。

 

*チョークを使った対策方法

外壁のひび割れはセメントが素材となっているチョークを隙間に塗り込むことでなくすことができます。
ただしこの方法は塗るのに時間がかかるので体力のない方にはおすすめできません。

 

*スプレーを使った対策方法

次に紹介するのがスプレーを使った方法です。ひび割れ部分にスプレーを噴射することでひび割れをなくすことができます。
こちらの方法はチョークにくらべ楽なので体力のない方でも簡単に実践することができます。

上記で紹介した補修方法は表面的なひび割れに対応できる方法であり、内側からの深いひび割れにはきちんとした業者に補修を施してもらうことがおすすめです。

 

 

□まとめ

家の外壁は自分の家の外見を良くも悪くもするものなので、ひび割れなどはできるだけ早く補修しましょう。
この記事を読んで、ひび割れの原因を理解し、補修を実践してくださったなら幸いです。
また、ここで述べた原因がすべてではないので、外壁塗装を専門にしている会社に相談するということも大切です。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

外壁塗装をしたいという時に気になる補修工事の種類について解説!

2019/03/12

「自宅の外壁の工事をしたい、でも外壁塗装の工事って一体どのような種類があるの?」
外壁塗装を考えた時に、このような疑問は浮かびませんでしたか?
外壁塗装にも様々な種類があり、どこを補修すべきかによって値段や、工事に費やされる時間も変わってきます。
もし、補修の種類についての理解が深ければ、実際に工事を依頼するとなっても便利ですよね。
そこで今回は、外壁塗装の工事の種類をいくつか紹介してまいります!

 

 

□外壁の補修工事をタイプ別に紹介!

*ひび割れの補修

外壁のひび割れは、補修工事において最も典型的な例であると言えます。
時間が経つにつれて家の外壁の素材自体がもろくなり、多くは地震などの外的なダメージを受けた際にひび割れは起こります。
このひび割れを放っておいた場合、後から雨が降ってきた時に雨水が侵入してしまい、その結果、外壁の内部に湿気が溜まるのでカビが発生したり、内部から腐ってしまったりしてしまいます。
この場合に使われる補修方法は、素材に適した塗料を使用することでひび割れ部分を埋めるというものです。
このひび割れ部分の埋め方も様々ですので、依頼先に応じて埋め方を選択することが大切です。
またひび割れが小さい場合は自身で行うこともできるので程度に応じた判断も大切です。

 

*コーキング(外壁の境目を埋めているゴムの部分)の補修

家の外壁において、まずはじめに劣化してくるのがコーキングです。
この部分も問題がある状態のままにしていると、外壁内部に雨水が侵入してしまうので、なるべく早く補修するようにしましょう。
この部分の補修は大きく二つの種類に分けることができます。

・もともとあるゴムを撤去して、新しくゴムを張り替える方法。

・もともとあるゴムの上から新しいゴムを注入する方法。

 

*チョーキングに対する補修

チョーキングとは、劣化した外壁の塗膜から白い粉が出てくることです。
こちらの補修は塗膜のみになるのですが、外壁自体も同時に補修が必要となると、また別に費用が必要になるため、塗膜の補修だけで済む時期に依頼するのをおすすめします。

 

 

□まとめ

ここまで、外壁塗装の場所に応じた施工の種類について述べてきました。
ここで紹介したものは大まかな種類であり、さらに細かく外壁の素材に応じて塗料を選んだりと、多くの手順が必要です。
この記事を参考にした上で、依頼先の業者と相談し、予算なども検討した上で最適な工事をお選び下さい。
最後までお読みいただきありがとうございました!

外壁の塗り替え時期までの期間、年数ってどれくらい?

2019/03/08

皆さんは外壁の塗り替え時期についてご存知ですか?

外壁が剥がれてきたり、汚れが気になってきたりして、いつ塗り替えるべきか考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は外壁の塗り替え時期についてご紹介していきます。

外壁塗装をしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

□塗り替え時期の目安

塗り替え時期の目安は新築から10年程度と言われています。

外壁や屋根は毎日紫外線を浴び続けています。

また、酸性雨や風、雪、砂埃などを浴びていることで日々劣化が進行していきます。

新築から5年程度経つと木材や鉄部分の塗装が剥がれはじめ、10年程度経つと建物全体の耐久性にも影響してくることにより、外壁の塗り替えをする必要が出てきます。

日当たりや風当たり、塗料の種類、湿気などによって劣化のスピードは変わってきますが、新築から10年程経つと、壁を触ることで手が白くなったり、コケやカビが発生してきます。

「汚れやコケなどがあったとしても気にしないから外壁塗装をしなくても大丈夫」という方もいるかもしれませんが、外壁塗装は美観上の問題だけでなく、建物自体の防水性や耐久性に関わってくるものです。

 

□すでに外壁塗装をしたことがある場合

前回の外壁塗装から何年程で外壁塗装をすべきかが問題になりますが、これもおおよそ10年程度が良いとされています。

しかし、これは前回の塗装でどのような塗料を使ったかによって変わってきます。

ウレタン塗料やアクリル塗料の場合は8年程度、高い耐久性のシリコン塗料は10年~13年程度です。

ウレタン塗料やアクリル塗料で何度も塗り替えをするよりは、シリコン塗料を選んだほうが、一回の工事代金は上がりますが、塗り替えの期間が開くので長い目で見ると節約になります。

 

□こんな症状があったら注意

外壁に「クラック」と呼ばれるひび割れが生じていたり、コケやカビが発生していたり、外壁を手で触ると白い粉がつく「チョーキング現象」が起きている場合は塗り替えを検討した方が良いでしょう。

また、外壁の光沢の低下や色褪せ、さびなども注意して見ておきましょう。

 

□まとめ

今回は外壁の塗り替え時期の目安についてご紹介してきました。

塗り替えの目安は新築から10年、その後10年程のサイクルで塗り替えを行った方が良いということでしたね。

外壁塗装は美観を維持するだけでなく、建物の耐久性を上げて保護するという役目もありますので、もし前回の塗装から時間が経ち、外壁の状態が気になってきたら塗り替えを検討した方が良いでしょう。

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

外壁のひび割れの原因と有効な対策について解説します!

2019/03/04

「最近、家の外壁に白い粉がたくさん付着しているのを発見したけど、いったいなに?」

「あの白い粉は取っても、気づいたらまた付着しているけど、何か良い対策方法はないの?」

というような、お悩みや疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

今回は外壁についている白い粉の正体と原因、また有効な対策についてもご紹介させていただきます。

 

□外壁に付着している白い粉の正体とは?

まず初めに、外壁に付着している白い粉はいったい何か気になりますよね。

あの白い粉はチョーキングといって、外壁が年月を経過し劣化することによって発生します。

チョーキングは、外壁の劣化現象の中では比較的に早い段階の現象なので、早急に何か対処が必要となるわけではありません。

しかし、皆さんの不安を煽って、無理やりに塗装の契約を迫ってくる悪質な業者も存在しますので十分にご注意ください。

 

□チョーキングへの有効な対策ってあるの?

チョーキングは、外壁の経年劣化の中では、比較的浅い段階の現象であることは前項でお伝えしました。

そのため、すぐに何かしらの処置をとる必要があるわけではありません。

とはいえ外壁に白い粉がついていたら気になりますし、そのまま放置しているとひび割れになって外壁が剥がれ落ちてしまう可能性もあります。

そのような最悪の事態はぜひとも避けたいですよね。

それでは、皆さんに試していただきたい、チョーキングの有効な対策方法についてご紹介させていただきます。

 

*下地処理をおこなう

チョーキングが発生しているまま、外壁に上塗りすると、粉化してしまい再び外壁が剥がれ落ちてしまいます。

大切なのは、まず初めに高圧洗浄で綺麗に白い粉を洗い流すことです。

そのあとに塗料を定着させるための下地処理を行ってから、上塗りをしましょう。

下地処理をするとしないのでは、経年劣化のスピードに大きな違いが出てきます。

そのため自分で作業をおこなう場合は、下地処理を怠らないように十分に注意しましょう。

 

□さいごに

今回は外壁についている白い粉の正体と原因、また有効な対策についてもご紹介させていただきました。

外壁に付着している白い粉の正体は、塗装の経年劣化によるチョーキングでした。

チョーキングの原因や有効な対策について、深く理解していただけましたか?

ご自宅の外壁のチョーキングにお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。

自分で外壁塗装をするのは不安だという方は、外壁塗装の業者に依頼されてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

外壁に白い粉が発生する原因と有効な対策とは?

2019/02/28

「最近、家の外壁に白い粉がたくさん付着しているのを発見したけど、いったいなに?」

「あの白い粉は取っても、気づいたらまた付着しているけど、何か良い対策方法はないの?」

というような、お悩みや疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

今回は外壁についている白い粉の正体と原因、また有効な対策についてもご紹介させていただきます。

 

□外壁に付着している白い粉の正体とは?

まず初めに、外壁に付着している白い粉はいったい何か気になりますよね。

あの白い粉はチョーキングといって、外壁が年月を経過し劣化することによって発生します。

チョーキングは、外壁の劣化現象の中では比較的に早い段階の現象なので、早急に何か対処が必要となるわけではありません。

しかし、皆さんの不安を煽って、無理やりに塗装の契約を迫ってくる悪質な業者も存在しますので十分にご注意ください。

 

□チョーキングへの有効な対策ってあるの?

チョーキングは、外壁の経年劣化の中では、比較的浅い段階の現象であることは前項でお伝えしました。

そのため、すぐに何かしらの処置をとる必要があるわけではありません。

とはいえ外壁に白い粉がついていたら気になりますし、そのまま放置しているとひび割れになって外壁が剥がれ落ちてしまう可能性もあります。

そのような最悪の事態はぜひとも避けたいですよね。

それでは、皆さんに試していただきたい、チョーキングの有効な対策方法についてご紹介させていただきます。

 

*下地処理をおこなう

チョーキングが発生しているまま、外壁に上塗りすると、粉化してしまい再び外壁が剥がれ落ちてしまいます。

大切なのは、まず初めに高圧洗浄で綺麗に白い粉を洗い流すことです。

そのあとに塗料を定着させるための下地処理を行ってから、上塗りをしましょう。

下地処理をするとしないのでは、経年劣化のスピードに大きな違いが出てきます。

そのため自分で作業をおこなう場合は、下地処理を怠らないように十分に注意しましょう。

 

□さいごに

今回は外壁についている白い粉の正体と原因、また有効な対策についてもご紹介させていただきました。

外壁に付着している白い粉の正体は、塗装の経年劣化によるチョーキングでした。

チョーキングの原因や有効な対策について、深く理解していただけましたか?

ご自宅の外壁のチョーキングにお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。

自分で外壁塗装をするのは不安だという方は、外壁塗装の業者に依頼されてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

12
お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装に関することやリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

Copyright ©‘2019’ 株式会社M'sペイント All rights Reserved.