高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ブログ

外壁塗装はしないと危険!必要性をご紹介します

2019/05/21

「現在の家に長く住んでいて、外観が気になってきたから外観塗装がしたい。」
「外壁塗装をしないと危険だと聞いた!」
「外壁塗装をしないとどうなるの?」
そんな外壁塗装にご興味がある方に意外と知られていない外壁塗装をしないと危険な理由をご説明します。

 

□外壁塗装のタイミング

築年数が7年から10年経過している建物は、外壁塗装を行った方がよいと言われています。
理由は、外壁の汚れが目立ち始め、少なからず劣化が始まっているからです。
また、外壁の素材は関係なく7年から10年が経過したら、外壁塗装をする必要があります。

 

□外壁塗装の真の目的

外壁塗装はもちろん建物の外観をきれいにすることができます。
しかし、外壁塗装の真の目的は建物の劣化を予防することです。
建物は知らず知らずのうちに、紫外線やサビ、雨などの自然環境から影響を受け、日々劣化しています。
そこで、外壁塗装で建物の外壁を強くすることで、これらの自然環境の影響から起こる劣化を防ぐことができます。

 

□建物の寿命を延ばす

日本の建物の平均寿命は約30年と言われています。
しかし、建物の「塗膜」は新築で5から7年で劣化してしまいます。
また、きちんと外壁塗装を行ったとしても、塗り替えられた塗膜が持つのは約10年です。
つまり、建物を建て替えるまでに最低3回は塗り替えを行わなければなりません。
この塗り替えをきちんと行うことが、建物の寿命を延ばすことにつながるのです。

 

□建物の面によっても劣化の度合いは異なる

太陽の光がよくあたる南側は紫外線の影響で劣化が早いと言われています。
外壁塗装をお考えの方は、特に南側の劣化を注意しながら観察して判断することをお勧めします。

 

□外壁塗装をしないとどうなるか

ご紹介してきた通り、外壁は紫外線や気候などによって次第に劣化し、ひどい場合は建物の寿命が平均以下となる可能性があります。

 

□具体的な「劣化」とは

「劣化」するとご紹介してきましたが、具体的に劣化とはどのような状態でしょうか。
具体的な劣化の過程をご紹介します。

 

*つやがなくなる

まず、建物のつやがなくなってきたら劣化が始まったと判断してください。
多くの住宅が、外壁につやのある塗料を使用しています。
中には、使用していない住宅もあるのでご自身の住宅の外壁を確認してから判断してください。

 

*色

次に外壁の色がくすみます。
黒や紺といった色はわかりにくいですが、色の彩度が落ちたなと感じたら劣化しています。

 

*粉が付く

住宅の外壁を触って手が真っ白になった経験はありますか?
白い粉が付くのは塗膜の防水性がなくなったことを表しています。
防水性がなくなってしまうと、塗膜の効力は相当落ちてしまっているので、早いうちに塗り替えることをお勧めします。
この状態以降にも、ひびが入る、塗膜がはがれてしまうといった状態があります。
このような状態になってしまったら完全に塗膜が無効化してしまっているので、塗り替えをお勧めします。

 

□まとめ

外壁塗装は外観をきれいにするだけではなく、家を強くする効果があります。
ご紹介した劣化の状態に当てはまるものがありましたら、塗り替えることをお勧めします。
当店は、スマートリノベーションでお客様の負担が一切発生しないリフォームを行っております。
外壁塗装も当社の経験豊かなプロが承ります。
外壁塗装でお困りでしたら、一度当社にお気軽にご相談ください。

色ごとの与える印象は?外壁塗装の色の特徴をご紹介

2019/05/17

「現在の建物の色を思い切って変えてみたい!」
「でも、失敗して年十年も後悔したくない!」
「建物の色の与える印象がわからない!」
このようなお悩みをお持ちの方に、色ごとの与える印象についてご紹介します。

 

□外壁塗装

外壁塗装で色を変えられる場所は主に外壁と屋根になります。
外壁の色を塗り替えるだけで、建物が新築のように生まれ変わります。
また、外観だけでなく建物自体の強度を上げることも可能です。

 

□色ごとの与える印象

近隣の住宅を見渡すと様々なデザインがあり、それぞれ異なった印象を与えてくれます。
ここから先では、住宅で組み合わせた色が与える印象をいくつかご紹介します。
ご自身の理想の建物を想像しながらご覧いただくと、イメージしやすいと思われます。

 

*ナチュラル

ナチュラルな色とは、檜皮色や赤茶、練り色、高色など自然の中にある色を指します。
色が与える印象としては、穏やか、暖かい、親しみやすいといった印象を与えます。

 

*ヨーロッパの街並み風

ヨーロッパの街並みのような印象が与えられるのは、赤橙色のような外壁です。
つやのない赤橙色の外壁はヨーロッパの海風が感じられる、明るく活気のある街並みを思わせます。

 

*クラシック

伝統的な和風の住宅やフォーマルな印象の外観は、璃寛茶色や白茶色、消し水色を組み合わせることでとても上品な印象を与えてくれます。

 

*モダン

黒、白、緑は組み合わせることで革新的な印象や力強い印象を与えます。
また緑を青に変えることでクールな印象に代わります。

 

*シンプル

黒と白のモノクロカラーもシンプルながらおしゃれな印象を与えてくれます。
また、ペリウィンクブルーとラピスラズリの組み合わせは一見シンプルながらも、存在感があります。

 

*ポップ

黄色や赤、青に、白を加えると明るくポップなデザインになります。
与える印象としては、ポップながらも親しみやすい印象を与えます。

 

□まとめ

色は単色ごとに与える印象が異なります。
色を組み合わせることによってより多くの印象や、建物の雰囲気を作り出すことができ、建物で自分を表現することも可能です。
「外壁塗装の際、理想のイメージはあるけどなかなか色を決められない。」
そういった方も多いのではないでしょうか。
そういった方に今回ご紹介した色が与える印象を考慮しながらデザインを決めることをお勧めします。
当店は、スマートリノベーションでお客様の負担が一切発生しないリフォームを行っております。
家のデザインを決めることはとても難しいです。
外壁塗装でお困りでしたら、一度当社にお気軽にご相談ください。

外壁塗装がしたい!おすすめの色やデザインをご紹介します

2019/05/13

「そろそろ現在の外壁の色に飽きてきた。」
「外壁塗装を他にはない個性的なデザインにしてみたい!」
「外壁を自分好みの色やデザインに塗り替えたい!」
そのような方にお勧めの外壁塗装の色やデザインをご紹介します。

 

□外壁塗装とは

外壁塗装とは、ビルや住宅などの建物の外壁や屋根に塗装を施すことを指します。
外壁塗装では、外壁に色を塗ってきれいにするだけではなく、建物を壊れにくくさせることや、防水塗装を利用して外壁に汚れをつきにくくすることも可能です。
また、建物は様々な自然現象からダメージを受けていて、年々腐敗や老化が進んでいます。
しかし、外壁塗装をすることで弱っていた外壁をよみがえらせ、腐敗や老化を防ぐことができます。

 

□デザインや色選びで失敗しないために

外壁塗装は頻繁にできるものではありませんし、あまりに派手過ぎてもご近所から浮いてしまう可能性もあります。
せっかくの外壁塗装で失敗はしたくないですよね。
そこでデザインや色の選び方を3つのステップでご紹介します。

 

*イメージを描いてみる

まず初めに、理想の完成イメージをカラーで描いてみましょう。
カラーで描いて視覚化することで、実際塗ってみてから「何か違う」と感じることを避けることができます。
また、住宅の場合、そのイメージをご家族にもシェアできるので、家族全員が納得できるデザイン選びが可能です。

 

*近隣の家の外壁の色を見てみる

自分の建物をあまり目立たせないようにしたい方や、逆に個性的にしたい方がいらっしゃいます。
好みにもよりますが、描いたデザインを近隣の建物と比べてみることで、目立っていないか、あるいは個性的に見えるかを判断しやすくなります。
また、この際には窓枠の色と合っているかを確認しておくことをお勧めします。

 

*外の光で塗料の色を確認

部屋の明かりで見ていた時はとてもいい色だったのに、外の光で見てみるとなんだかイメージと違う。
そうならないためにも、一度使用予定の塗料の色を外の光で見てみることをお勧めします。

 

□お勧めの外壁デザイン

外壁デザインは様々にあります。
外壁と屋根、建物の形によってデザインも異なるので、無数の色の組み合わせがあります。
数多くあるデザインの中からお勧めのデザインをご紹介します。

 

*単色

屋根から外壁まで一色で統一します。

 

*屋根と外壁で一色ずつ

こちらが最もスタンダードな住宅のデザインになっています。
お勧めなのは黒と白など、色相が反対の色を使うとおしゃれにデザインすることができます。
色相の近い黄色や緑を組み合わせても彩度によって優しい印象から個性的な印象までデザインすることができます。

 

*一階は明度の低い色、二階は明度の高い色

このデザインを使うと、家を実際よりも大きく見せることができます。

 

*彩度が高い色

こちらは建物を少し個性的にされたい方にお勧めの方法です。
彩度が高い色は派手になりやすいので、派手で個性的がいい方にお勧めです。

 

*ヨーロッパ風

和風な家が多い中でヨーロッパ風の住宅はとても個性的です。
オレンジの塗料をつやなしで塗ることでレンガ風の外壁を作るなどの工夫を施すことで、ヨーロッパ風の家にすることができます。

 

□まとめ

色の組み合わせや建物の形でデザインは様々です。
ご紹介したデザインや近隣の住宅、都会の建物などを参考に検討することをお勧めします。
当店はスマートリノベーションでお客様の負担が一切発生しないリフォームを行っております。
外壁塗装でお困りでしたら、一度当社にお気軽にご相談ください。

外壁塗装の剥がれが気になる方へ!剥がれの原因とリスクを解説します

2019/05/11

外壁塗装の剥がれが気になる方はいらっしゃいませんか?
「なぜ外壁塗装が剥がれるの?」
「剥がれたときはどうすればいいの?」
こうお悩みの方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、外壁塗装が剥がれる原因と、放っておくことのリスクをお伝えします。

 

□外壁塗装が剥がれる原因

*外壁の洗浄不足

外壁は、塗装前に必ず洗浄を行います。
この工程がきちんと行われていないと、外壁と塗料の間にゴミや汚れが付着したまま、塗装することとなり、塗料がきちんと定着しません。

*乾燥が不十分であった

外壁塗装をする際には、乾燥させる工程が非常に重要です。
外壁塗装は3回に分けて上塗りがされます。
1回の塗装ごとに十分な乾燥をしていなければ、下の塗料に上の塗料が吸収されてしまい、塗料が完全に成型されません。
そのため、不安定な状態で塗料が固まることで、塗装が剥がれやすくなります。

*塗料を薄めすぎた

塗料には、種類ごとにどのくらい薄めるべきかという基準が定められています。
業者によっては、費用削減のために、塗料を必要以上に薄めたり、シンナーを多く配合して使用する塗料の量を減らそうとする業者もいます。
その結果、塗料にムラができてしまい、塗装した後に剥がれができてしまいます。

 

□放っておくことのリスク

では、外壁塗装の剥がれを放っておくことのリスクをご紹介します。

*剥がれが拡大する

外壁塗装の剥がれを放っておくと、剥がれた場所からその周辺に剥がれが広がっていきます。
剥がれの拡大は、外壁だけにとどまらず、屋根の塗装までも剥がれてしまうこともあります。
その結果、剥がれを補修する工事費用が高額になってしまい、「剥がれを初期に直しておけば良かった」、という結果になりかねません。

*雨漏り

外壁塗装が剥がれた結果、そこから雨水が浸入する可能性もあります。
外壁からの雨漏りは非常に厄介であり、住人が気づきにくいだけでなく、気づいたときには家の内部が腐食していることもあるのです。

*家自体の劣化

外壁塗装の剥がれにより、雨漏りが発生すると、家を支える構造体の劣化により家の耐久性が低下するのです。
このように、外壁塗装の剥がれが原因となり連鎖的にさまざまな問題を発生させてしまうのです。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の剥がれの原因と、剥がれを放置しておくことのリスクをお伝えしました。
剥がれを放っておくと、次々に問題が起こるので早めに補修することをおすすめします。
剥がれを発見したときは、信頼できる業者に外壁塗装を相談してみましょう。

外壁塗装を検討されている方へ!トラブル事例4選

2019/05/07

外壁塗装の施工をお考えの方はいらっしゃいませんか?
「外壁塗装をするときのトラブルはあるのだろうか?」
「納得できる外壁塗装をしてもらいたい」
こうお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、外壁塗装をするときのトラブル事例と、その予防策を紹介します。

 

□外壁塗装のトラブル事例

*思っていた色と違う

「好みの色を選んでいざ塗装をしてみると、イメージしていた色と違う」
塗装工事後にこう思われる方は多いです。
見本で見る色はとても小さいので、実際に壁に塗ってみると違う色になってしまった、という事例です。
このようなトラブルを防ぐためには、大きいサイズの色見本帳を太陽の光が当たる場所で、朝昼晩の時間帯で確認することが必要です。
また、一面の塗装が終わったあとに必ず色を確認しましょう。
どうしても塗り直したいときの費用を抑えることができます。

*塗装が割れたり、はがれる

外壁塗装をしてから数年以内に、塗装がはがれるといった問題が生じた場合は、施工不良が原因です。
そうなったとき、まずは施工業者に連絡しましょう。
優良業者であればすぐに対応してくれるはずです。
施工不良を予防するためには、外壁塗装の工事の際に、何度も現場へ行き自分の目で進捗状況を確認することが有効です。
そうすることで、業者の手抜き工事を防ぎ、より良い結果を得られます。

*塗り忘れがあった

軒下やわずかな隙間に塗り忘れがある場合もあります。
業者のミスにより塗り忘れが起こることもありますが、業者が意図的に塗らない可能性もあります。
そうすることで、追加料金を取ろうとする悪質な業者もなかにはいるのです。
事前に見積もりを確認し、どこまでが塗装範囲なのか、塗料の数量はどのくらいなのかを確認することで、追加料金を支払わなければならない状況を回避できます。

*使用している塗料が違う

業者のなかには、見積もりで決定した塗料よりも下のランクの塗料を使用して、経費を下げようとする業者もいます。
そうなると、高額な料金を払ったのにそれに見合わない質の外壁になってしまいます。
こんな状況を回避するためには、塗装前に現場へ行き、見積もりで決めた塗料がきちんと用意されているか確認することが重要です。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の際のトラブル事例と、予防策を紹介しました。
どの事例にも言える予防策は、十分に信頼できる業者を選ぶことです。
住宅の顔とも言える外壁ですので、失敗しないように外壁塗装を依頼してくださいね。

外壁塗装でお悩みの方へ!おすすめの季節を紹介します

2019/05/03

外壁塗装でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

「外壁塗装はいつすればいいの?」
「外壁塗装で失敗したくない」
こうお悩みの方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、外壁塗装におすすめの季節と、季節ごとの特徴を解説します。

 

□そもそも外壁塗装に必要は条件とは?

外壁塗装をするためには、気温と湿度の点で、必要な条件が2つあります。
この2つの条件を守らなければ、塗装しても壁にひび割れが生じたり、塗装がはがれるといったことが起きてしまいます。
外壁塗装に必要な条件は、
・気温が5度以上であること
・湿度が85%以下であること
です。
なぜなら、外壁に使用する塗料は、上記の条件以外のときにはきちんと乾きません。
加えて、雨と塗料が混ざってしまうことで仕上がりが悪くなってしまうのです。
そのため、外壁塗装の際には2つの条件を守らなければいけません。

 

□外壁塗装の最適な季節

外壁塗装のベストシーズンは春か、秋です。
では、春と秋のメリット、デメリットをお伝えします。

*施工しやすい

春と秋は、空気が乾燥しているため頑丈な塗装ができ、塗料も乾きやすいです。
気温も一定以上に保たれているので、施工がしやすいというメリットがあります。

*雨が降ることもある

春は、春雨前線により、雨が降る可能性があります。
さらに、春は季節が変わりやすいので、晴れていると思って、外壁塗装を依頼しても、急に雨が降り出して塗装が失敗してしまうことも考えられます。
秋は、秋雨前線によって雨が降ることがありますし、台風の接近にともなって激しい雨が降り、塗装ができないこともあります。

 

□夏や冬はどうか

夏や冬でも条件に合えば、外壁塗装ができます。
次に、外壁塗装を行う際の夏と冬の特徴をお伝えします。

*夏の特徴

晴れる日が多いため、当然塗装に適した状況になりやすいです。
しかし、台風の到来が最も多い季節ですし、急なゲリラ豪雨が通過することもあります。
また、塗装工事は窓を閉めて行うことが必須ですので、工事中は常にクーラーをつけていなければいけません。

*冬の特徴

雪が多く降る地域以外では、湿度が低くなり、塗装がしやすくなることがあります。
しかし、外壁が凍結し、塗装ができなくなることがありますし、雪が大量に降ると、湿度が高くなってしまい、塗料が乾かずきれいな仕上がりになりません。

□まとめ

今回は、外壁塗装におすすめの季節、季節の特徴をお伝えしました。
外壁塗装は高額ですし、塗装できたとしても大切な住宅の壁がひび割れたり、塗料がはがれるという結果になると、心が痛みます。
今回お伝えした情報を参考に、外壁塗装をする季節を注意深く選んで、失敗しないようにしてくださいね。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装に関することやリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

Copyright ©‘2019’ 株式会社M'sペイント All rights Reserved.