高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ワンポイントアドバイス

外壁塗装するべきタイミングをご紹介します!

2019/06/21

「外壁塗装っていつ塗り替えたらいいか分からない」
「基本的なところから知りたいな」
外壁塗装する際によく悩まれるのが塗り替えのタイミングではないでしょうか。
そこで今回は、高知で外壁塗装をお考えの方に向けて「塗り替えのタイミング」をご説明します。

 

□外壁の塗り替え時期とは?

住宅の外壁は、大体10年程度を目安に塗装し直す必要があると言われています。
「6年ぐらいで外壁にひびを見つけた」という方や、「10年過ぎても塗装する必要はまったくなかった」という方もいらっしゃいます。
これは外壁に使われている外壁材の特徴や性能によるところも多く、住んでいる地域で多少の差があることも事実です。
そのため、あくまでも10年は目安程度であると言えます。

 

□これって外壁塗装すべき!?

先ほど、10年があくまでも外壁塗装の目安ですと申し上げましたが、一体なぜ10年なのかをご説明します。
理由の一つに、外壁に使われる「塗料」に耐用期限があることが挙げられます。
使われる塗料によって耐用期限が異なります。
一般的に広く用いられている塗料で大体10年くらいが耐用期限です。

*塗り替え時期を知ろう

「年数以外で外壁の塗り替え時期がわかる方法はないのか?」と疑問に感じた方もいらっしゃるかもしれません。
塗り替え時期がわかる方法として以下のことが考えられます。

・ひび割れがある:施工不良によるひび割れではない場合に、1か所ひび割れが見つかれば塗り替え時期です。
・チョーキング現象:チョーキング現象と呼ばれる外壁の劣化により生じる現象です。
この状態で外壁を触ると手にチョークのような粉が付着します。
・シーリング(コーキング)の劣化:外壁のすきま部分をくっつけるシーリング材が裂けることで浸水が生じている場合も塗り替え時期です。
・塗膜の乖離(かいり):日光による紫外線、酸性雨などにより付着力が弱まることで壁紙の土台が劣化している場合も同様です。
・変色や退色
上記の傾向が見られる場合は、外壁を塗りなおす必要があります。

 

□塗料の特性を知る

外壁塗装の塗り替えタイミングを知るには、使用されている塗料や外壁材の特徴を理解しましょう。
塗料の耐久年数は、以下を参考にしてください。
・シリコン:10年程度
・フッ素:15年程度
その他にサイディングと呼ばれる外壁仕上げ加工の方法によっても塗り替えのタイミングが異なります。
・木質/窯業/金属系のサイディング加工は10年前後です。
・樹脂系サイディング加工であれば20年から30年です。

 

□まとめ

以上、外壁塗装の張り替えのタイミングについてご説明しました。
難しそうに思われたかもしれませんが、意外と簡単で驚かれたのでないでしょうか。
今回の記事を参考に今後の外壁塗装を検討してみてください。
また当社には、これらの情報に詳しいスタッフが多く在籍しています。
疑問点がございましたらお気軽にご連絡ください。

塗装膜の役割とは!外壁塗装を検討中の方必見!

2019/06/17

外壁塗装を検討している、または、する予定だという方で
「『塗装膜』がどのような役割を果たしているのか知りたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、高知にお住いの方で外壁塗装をお考えの方に向けて「塗装膜の役割」を詳しく説明いたします。

 

□塗装膜とは

塗装膜という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
塗装膜とは、塗料が乾燥した膜のことを指します。
外壁は、太陽からの紫外線や雨風の影響で劣化していきます。
雨が外壁内部に入り込むと外壁そのものがひどく劣化してしまいます。
こうならないために、建物に塗装を施し、塗装膜を作り、建物を保護します。
塗装の膜を作るために用いられる塗料は、樹脂・顔料・水または溶剤を加えられて形成した液状のものです。
この液を外壁に塗り、乾燥させることで「塗装膜」を作ります。

 

□塗装膜の役割とは

塗装膜が家にとってどんな役割を果たしているかをご説明します。
塗装膜は家を保護する役割を果たしています。
外壁にはセメントが使われているものが多いです。
水を吸収する性質があるので、塗装膜があればセメントは雨を吸収しません。
吸収された雨は、温度差によって、セメント部分を膨張させてしまうこともあります。
「膨張」を引き起こすと「割れ」の原因にもなります。
建物は、屋根や外壁から保護されています。
外壁材や屋根材は、塗装膜によって保護されています。
このため、塗装膜は外壁を雨風、ひび割れ、劣化、反りに耐性をもたせます。

 

□塗装膜をつくるには

塗装膜は3層の膜からできています。
下塗り・中塗り・上塗りをすることが基本です。
各塗装の間には必ず「乾燥期間」を設けます。
きちんと乾燥しきってから塗装することが重要だからです。
ただ、3回塗れば良いのかというと、そうでもありません。
例えば、少しでも頑丈にするために大量に塗り、塗装膜を厚くすることは適切でしょうか。
当然、多ければ良いということはありません。
適当な塗装方法で行わないと、乾燥後に「ひび割れ」などの原因になります。
また、塗料ごとに乾燥期間も定められています。
そのため、塗装膜を作るには、塗料ごとに適した塗装方法で作ることが大切です。

 

□まとめ

以上、外壁塗装の塗装膜についてご紹介しました。
難しそうに思われたかもしれませんが、意外と簡単で驚かれたのではないでしょうか。
この記事を参考に今後の外壁塗装をお考え下さい。
また当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが在籍しています。何か疑問に思うことがあればぜひお問い合わせください。

外壁塗装をお考えの方必見!塗料の種類をご紹介!

2019/06/13

外壁塗装をする予定だという方で
「どのような塗料をつかえばいいのかよく分からない」
「基本的なところから知りたいな」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、高知県で外壁塗装をお考えの方に向けて、塗装の種類についてご説明します。

 

□外壁塗装の塗料の種類を解説します

外壁塗装の「塗装」部分は通常何層にも重ねて塗られています。
数段階の層になった部分を外壁塗装と呼んでいます。
塗装は、洗浄・下塗り・中塗り・上塗りして仕上げられます。
外壁の耐久年数は、塗料の成分に含まれる樹脂の成分によって大きくことなると言われています。

 

*塗料の種類

外壁塗装の塗料は大きく分けて4種類です。
・フッ素
・シリコン
・ウレタン
・アクリル
アクリル系塗料の耐久年数(塗り替え目安期間)は5年から7年です。
フッ素系の塗料は費用が高価になる傾向があります。
その分、耐久年数(塗り替え目安期間)は15年から20年あるので、アクリル塗料と比べると長いことがわかります。

 

□塗料には他にも種類がある?

塗装工程である「上塗り」に使われる塗料は上記で紹介した種類に加えていくつか種類があります。
大きく「水性系」・「溶剤系」に分けることができます。
さらに日光による外壁の温度上昇を防ぐ「遮熱性」のある省エネ塗料も人気があります。
他の塗料の種類を以下にまとめたので、みなさんの目的にあった塗料を探してみましょう。

・水性系、または溶剤系
・硬質系、または弾力系
・防火機能:燃えにくい素材を使用
・速乾機能:水分が分散されるため、乾きが早い
・防カビ・防藻性:カビや藻が発生するのを防ぐ
・CO2対策塗料:日光による外壁の温度上昇を防ぐことで室内を省エネにする
・低汚染機能:汚れがつきにくい素材

 

□どの塗料にするかは業者と相談しよう

上記で紹介したように塗料には種類があります。それぞれ塗料には特徴があり目的・スタイルに応じて選ぶことができます。
「種類が多すぎてどの塗料を使用すればいいか分からない」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのため、専門の業者に相談しながら決めると良いでしょう。
外壁塗装をする目的・場所・用途を相談して自分のスタイルにあう外壁塗装にしましょう。

 

□まとめ

以上、外壁塗装の塗料の種類についてご紹介しました。
難しそうに思われたかもしれませんが、意外と簡単で驚かれたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に自分のスタイルに合った外壁塗装をお考え下さい。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが在籍しております。
何か相談したいことがあればぜひお問い合わせください。

高知県でリノベーションならスマートリノベーションがおすすめ!

2019/06/10

「現在の住宅はまだ新しいが、リフォームをしたい!」
「高知県の住宅をリフォームしたい!」
「できるだけリフォームの費用を抑えたい!」
このようなお悩みをお持ちの方に、お勧めのスマートリノベーションをご紹介します。

 

□スマートリノベーションとは

スマートリノベーションとは、今新しいリフォームの仕組みとして注目を集めている自己負担が0円でリフォームを行える方法です。
自己負担が0円というのは、自己資金と設備代金に加えて、工事代金が0円で行えることを指します。
ここまでのご紹介で、本当に0円でリフォームができるなんて信じられない、とお考えになった方がほとんどだと思います。
その不安を解消するため、具体例を使って詳しくご説明します。

 

□スマートリノベーションの仕組み

スマートリノベーションが0円になる仕組みは、借り換えの前後の金利の差がポイントになります。
借り換え前の金利を借り換えることで削減し、その削減額でリフォームをするのが、スマートリノベーションです。
より分かりやすくご説明するために、築10年の元金2000万円、ローンの残期間が25年、金利2,5パーセントの住宅にお住まいのAさんを例にしてご説明します。
Aさんはリフォーム前、支払金額総額(元金+金利)は約2691万円でした。
しかし、金利0.875%に借り換えし、その削減金の約439万円を利用し約220万円のリフォームを行いました。
その結果、支払総額(元金+金利)にリフォーム代を加えても、約2472万円になりつき好きの返済額が約7300円も安くなりました。
注目していただきたいのは、現金負担が0円でリフォームができ、さらに毎月の返済額まで安くすることができたのです。
これがスマートリノベーションの仕組みであり最大の魅力です。

 

□対象者

スマートリノベーションには条件がありますので、まずこちらを確認していただくことをお勧めします。
また、ご紹介する条件に当てはまらない方でも、借り入れ内容と希望のリフォーム工事を取扱店に伝えることで、現金負担0円でリフォームができる可能性があるので一度問い合わせてみることをお勧めします。
条件は以下のようになります。

ローンの残高が1000万円以上でローンの残期間が10年以上、さらにローンの金利が1.5%以上でリフォームを希望している方です。

 

□まとめ

スマートリノベーションの取扱店は全国300社にのぼり、取扱店は地域の優良店舗のみなので、安心してご利用いただくことができます。
当店も、高知県のスマートリノベーションの取扱店で多くの方にご利用いただいております。
高知県で安くリフォームしたいと考えられている方は、是非一度当店にご相談ください。

ウッドデッキやフローリングが気になる!高知で木部塗装をしよう

2019/06/06

「木部の塗装が剥がれてきて、見た目が気になる!」
「塗装の剥がれが足に刺さりそうで怖い!」
「心機一転、ウッドデッキやフローリングを塗りなおしたい!」
このようなお悩みをお持ちの方に木部の施工箇所と塗り替え目安をご紹介します。

 

□木部塗装とは

日本の多くの住宅は木造住宅です。
木部塗装とは、外壁や屋根とは違い、木材に特化した塗料を使って元の状態に復元したり好きなデザインに塗り替えたりするものです。
また、木は気候などで形状が変化するので、他の素材より、多くの塗り替えが必要になります。

 

□施工箇所

木部といっても建物によって木材が使われている場所は様々ですので、施工箇所の具体例をご紹介します。
具体例として、フローリングやウッドデッキ、破風板、窓枠、面格子、ラティス等が挙げられます。
そのほかにも、木材が使われている場所はたくさんあるので、以下でご紹介するような塗り替え目安の状態だなと感じたら、木部塗装を行うことをお勧めします。

 

□塗り替え目安

「具体的な木材の塗り替え目安がないと分からない。」
多くの方がそう感じていると思います。
そこで、どのような状態が木部に出たら木部塗装を行うことをお勧めする状態であるかをご紹介します。

 

*チョーキング

チョーキングとは、木部の塗膜で木材に含まれる水分と紫外線によって分解反応(加水分解)が起こり、塗膜表面に白い粉がついてしまう状態を指します。
木部を触り、白い粉が付いたら塗り替え時です。

 

*変色と退色

ウッドデッキの色が変わった、色あせたと感じたら塗り替え時です。
これらの状態になる原因として、木部塗装の塗料に含まれている樹脂が太陽光や降水によって劣化してしまい、色が変化してしまうことが挙げられます。
また、退色は太陽光により塗料の性質が変化してしまうことによって起こります。
ウッドデッキなど室外の木部はこの状態になりやすいと言えます。

 

*コケ、カビの発生

この状態は木部の変色と退色とは逆の状態にある木部がなりやすい状態といえます。
日の当たらない暗い場所や湿気の多い場所、塗料の防カビ成分の効果が切れでいる場所に起こります。

 

*膨れ

木部の塗料が膨れてしまい、塗料が剥がれてしまう場合があります。
木材は気候によって形状が変化しやすい素材なので、この状態は湿気の多い季節や場所にある木部に非常に起きやすいです。

 

*剥離

剥離とは、木材から塗料が剥がれてしまう状態を指します。
この状態は古い木材に起こることが多いです。

 

*腐食

最後に、木部の腐食をご紹介します。
木部の腐食は、木材を食べてしまう腐朽菌や湿気によって起こります。
腐食が進むと木材はもろくなってしまうので、早めの塗り替えが必要です。

 

□まとめ

木部塗装で気になる、施工箇所と塗り替え目安をご紹介しました。
ご紹介した状態が木部に現れた場合は早めの塗り替えをお勧めします。
当店は、高知県内の幅広い建造物の塗装工事やリフォームを承っております。
高知県での木部塗装でお困りの際は、是非一度当店にご相談ください。

高知で外壁塗装とリノベーションをまとめて行う!おすすめの方法は?

2019/06/02

「外壁塗装とリノベーションをまとめて行いたい!」
「まとめて行うとどのくらい費用がかかるの?」
このようにお考えの方に、お勧めの外壁塗装とリノベーションを同時に行う方法をご紹介します。

 

□リフォームとリノベーションの違い

これらの言葉は異なった意味を持ちます。
リフォームは老朽化してしまった建物に対して、新築のように状態を改善させることを指します。
リノベーションは、建物そのものを活かしつつ工事を行い、現在の建物の性能を新築のころよりも向上させることや価値を高めることを指します。
リフォームはマイナスの状態になってしまったものをゼロに戻す、リノベーションは今あるものにプラスの要素を加える、と考えていただくと分かりやすいと思います。
ただし、リフォームがリノベーションを含む場合があります。

 

□外壁塗装とリノベーションをまとめて行いたい

そもそも、そのようなことができるのかとお考えになる方が多いと思います。
実は、外壁塗装とリノベーションはまとめて行うことができるのです。
しかも、別々の業者に頼むよりも同じ業者に頼んだ方が費用を安く、外壁塗装とリノベーションを行うことができます。
では、どこの業者が行ってくれるのか、費用はどのくらいかかるのかをご紹介します。

 

□同時に行ってもらうことのできる業者

外壁塗装とリノベーションをまとめて行うことができるのは、外壁塗装業者、ハウスメーカー総合リフォーム会社などです。
また、外壁塗装をする際はこれらの業者を選択することをお勧めします。
なぜなら、新築で住宅を建てる際の塗膜や下地を理解し、それらに合った塗料や施工方法を行うことができるからです。
実際に行う工事では、外壁や屋根に外壁塗装を行い建物の耐久性を高めることと、建物の内装や間取りを変更する工事を行うことができます。

 

□外壁塗装とリノベーションをまとめて行う費用

外壁塗装とリノベーションをまとめて行うと、やはりかなり費用がかかってしまうのではないかと心配される方が多いと思います。
そのような方にお勧めしたい方法があります。
それは、負担金が0円でリフォームを行える「スマートリノベーション」です。
具体的にどういった方法で0円になるのかをご説明します。
対象になるのは、住宅ローンの残高が1000万円、残期間が10年以上、金利が1.5%の住宅が対象になります。
方法としましては、住宅ローンの専門プランナーが金利を引き下げる為のアドバイスとフォローを行いスタッフが削減をします。
そうして削減した金利分で負担金が0円となるのです。

 

□まとめ

外壁塗装とリノベーションをまとめて行うことは可能です。
さらに「スマートリノベーション」を利用すれば、負担金が0円で外壁塗装とリノベーションを同時に行うことができます。
当店は、高知県で「スマートリノベーション」を活用した外壁塗装とリノベーションを行っております。
高知県での外壁塗装とリノベーションにお悩みがある方は、是非一度当店にご相談ください。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

家全体、水回りをはじめ、外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装やリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

© 2019 株式会社M'sペイント