高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ワンポイントアドバイス

外壁塗装の最適な時期!高知の塗装業者が教えるタイミングの目安とは

2019/12/17

「外壁に異変を感じているが、外壁塗装ってそもそも必要なのかわからない。」
「外壁塗装の最適な時期が知りたい。」
外壁がいつもと違うように感じると、塗装のことが気になるかもしれません。
費用もかかりますので、必要性や時期をしっかりと把握したいですよね。
今回は、外壁塗装が必要な時期の目安について高知の業者がご紹介します。

 

□外壁塗装って一体どのタイミング?時期の目安について

*外壁塗装の必要性

明らかな被害に困っていなければ、すべきかどうかも悩ましいかもしれません。
しかし、目に見えてないところで劣化は進行しています。
たとえば、壁の艶が失われると新築のような美しさは見られません。
また、雨や紫外線の影響で塗膜や素材にひび割れが生じることもあります。
水が入りやすい状態を放置すると、内部にも湿気や水分が溜まります。
より劣化が加速し、家屋の倒壊のおそれも出てくるかもしれません。
大規模な改修が必要になったり住めなくなったりするのを防ぐ意味でも、外壁塗装は必要なのです。

*築年数で見る、外壁塗装のタイミング

外壁塗装が必要な時期は色々な方法で判断できますが、築年数も有効です。
一般的には、十年ごとに塗り替えを行うのが良いとされています。
これは、外壁塗装に使われている塗料の耐用年数から判断されています。
現在最もよく利用されているのが、シリコン系の塗料です。
機能する年数が十年ほどであるために、塗り替えの目安も同じくらいで設定されています。
仮にアクリル塗料やウレタン塗料であった場合にはより頻繁に塗る必要があります。
逆にフッ素塗料などの耐久性の高いものであれば、期間をあけても良いかもしれません。

*外壁塗装が必要な症状

外壁塗装が必要な症状でよく挙げられるのは、チョーキング現象です。
これは、塗膜が分解されて表面に出てくる症状です。
壁を触ってみて白い粉が付くようであれば、劣化が進行していると判断しましょう。
また、塗膜が剥がれているあるいは割れている場合にも防水性が低下しているため塗装が必要な状態です。
もちろん外壁そのものが破損していれば、すぐに修理するようにしましょう。
そして、植物やカビが生えている場合にも、内部に影響がないかを点検されるのをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装が必要な時期の目安などについてご紹介しました。
タイミングは耐用年数のほか、壁に見受けられる症状からも判断できます。
当てはまるものがある場合には、塗装を検討されるのがおすすめです。

実は塗料の種類は様々!高知の外壁塗装のプロが解説します

2019/12/13

「外壁塗装を考えているが、塗料についてなかなか決まらず困っている。」
「子供もいるため、塗料の種類からしっかり知りたい。」
外壁塗装をする際には、塗料を何にするかでお悩みになるかもしれません。
特にお子様がいらっしゃる場合には、種類を把握して慎重に選びたいですよね。
そこで今回は、外壁塗装における、塗料の種類について高知の業者が解説します。

 

□外壁塗装の際に知っておきたい!塗料の種類とは

外壁塗装では、様々な種類の塗料が使われています。
塗料には樹脂が含まれており、それに由来した名前が付けられています。
その中でも、よく使われている4種類の特徴・耐久性・価格などを解説します。

*アクリル系塗料

モルタルのひび割れに対応する塗料です。
最大の強みは価格の安さで、とにかく安く済ませたい方におすすめします。
また、透湿性が高いため、軒天などに使うと良いでしょう。
耐久性を表す耐用年数は4~7年ほどで、価格は平米単価で1000~1200円ほどです。

*ウレタン系塗料

柔らかく密着性に優れているのが特徴の塗料です。
雨樋や破風板などの付帯部に使うと良いでしょう。
また、塗料の剥がれが気になる細部に利用するのもおすすめします。
耐久性を表す耐用年数は6~10年ほどで、価格は平米単価で1800~2000円ほどです。

*シリコン系塗料

外壁塗装で近年、最も主流の塗料です。
主成分である合成樹脂はシリコン系樹脂であり、非常に安定した性質が特徴です。
耐久性と価格のバランスが良い点が人気を集めています。
高耐候性の高いものもあり、色は650種類から選べます。
耐久性を表す耐用年数は8~15年ほどで、価格は平米単価で2500~3000円ほどです。

*フッ素系塗料

耐久性が高い塗料の代表格です。
工事を頻繁に行うのが難しい住宅や高層ビルの外壁塗装によく利用されています。
相場自体は高価なものの、耐用年数が他と比べると長めです。
長期的な視点で考えると出費を抑えられるでしょう。
鉄骨や鉄筋コンクリートの建物と親和性が高いため、該当する家の方はご検討をおすすめします。
耐久性を表す耐用年数は15~20年ほどで、価格は平米単価で3500~4500円ほどです。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装における塗料の種類について、耐久性や価格とともに解説しました。
外壁塗装では様々な種類の塗料が使われています。
それぞれ、特徴・価格・耐久性などが異なります。
違いを踏まえた上で、ご自身にとってふさわしいものを選びましょう。

高知の外壁塗装情報まとめ!安全な業者の選び方とは

2019/12/11

「初めての外壁塗装を考えているが、家族もいるため安全な業者を選びたい。」
「優良外壁塗装業者の選び方が知りたい!」

このようにお悩みの方はいませんか?
外壁が傷んできたから、外壁塗装をしたいという方も多いでしょう。
しかし、いざ外壁塗装をしようと思っても業者の選び方が分からなくて困っている方は多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回の記事は、外壁塗装業者の選び方について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□外壁塗装の事前に知っておきたい!安全な業者選び方とは

 

*地域業者

 

地域の業者は、大手業者に比べて費用を抑えられるのでおすすめです。
地元の企業は、社内で手配をして塗装を行うことが多く余計なコストをカットできます。
地域に合った塗装をしてくれるでしょう。
地元密着の業者は、その地域出身の方も多く地域に合った塗装をしてくれます。

 

*大手業者

 

大手の業者を選んだ場合、基本的に下請け業者に依頼します。
余分に手数料が発生し、費用が高くなることがあります。
下請け業者も、利益を確保するためにも費用を抑える工事をするでしょう。
そのため、手抜きの外壁塗装になる可能性があります。
一般住宅やマンションの塗装であれば、地域業者がおすすめです。
業者の選び方には注意しましょう。

 

□業者選びのポイント

 

*業者選びポイント1

 

外壁塗装をする前に、家の診断をしてくれる業者がおすすめです。
外壁塗装をきれいに仕上げるためには、建物の劣化状況を把握しなければなりません。
屋根に上がって診断しているか、資格を取っているプロが診断しているかも合わせて確認しましょう。

 

*業者選びポイント2

 

見積り書の内容で確認しましょう。
塗料にもさまざまな機能があり、見積りに内訳まで記載することが一般的です。
信頼できる業者を選ぶには、見積り書の費用だけでなく内容も確認しましょう。

 

*業者選びポイント3

 

保証がある業者を選ぶこともポイントです。
外壁塗装後に、不具合が起きたので業者に連絡したが、連絡につかないケースもあります。
その他にも、保証以外にも点検制度を実施する制度があります。
保証とアフターケアがあるだけでは、安心できないでしょう。
事務所の所在地や創業してどのくらい経つかも確認しておくと安心できるため、おすすめです。

 

□まとめ

 

今回は外壁塗装業者の選び方について解説しました。
この記事を参考に外壁塗装業者を選んでみてください。
高知で内装や外装のリフォームをお考えの方はいませんか?
当社では塗装以外のリフォームを承っています。
外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事といった塗装に関することやリフォームについて聞きたいことはお気軽にご相談ください。

見積もり書の見方がわからない!高知の外壁塗装情報が徹底解説します

2019/12/07

「初めての外壁塗装で家族と相談しようと見積もり書を依頼したが、見方がわからず困っている…」
「見積もり書の見方のポイントを知りたい!」

そのようにお悩みの方はいませんか?
外壁塗装をして、おしゃれな家にしたい方は多いのではないでしょうか。
中でも、いざ外壁塗装をしようと思っても見積もり書の見方が分からなくて困っている方もいらっしゃいます。
そこで今回の記事は、外壁塗装の見積り書の見方について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□事前に知っておきたい!外壁塗装の見積もり書の見方とは

 

見積り書の項目や見方のポイントについて解説します。

 

*外壁塗装の見積もり書の項目

 

・足場
足場代は、仮設足場の組立や飛散防止シートと一緒に計算することもあります。
住宅の外壁面積で表すことが多いでしょう。

 

・養生
養生の目的は、塗料が飛んでも汚れないようにすることです。
住宅の窓や車にビニールやマスキングテープを貼ります。

 

・洗浄
高圧洗浄機を使用して、施工前に汚れている外壁を掃除します。
水をかけるだけのこともあるので、圧力を確認してください。
単位の目安は、150kg/cm2だと外壁はきれいになるでしょう。

 

・外壁と屋根
外壁と屋根は同じ塗装を行うので、似たような項目が続きます。
下地処理、下塗り、中塗り、上塗りと細かく書かれている業者が良いでしょう。

 

*見方のポイント1

 

まず適正な金額か確認しましょう。
相場とかけ離れている場合は注意しなければなりません。

 

*見方のポイント2

 

使う塗料が細かく書いているかも見ましょう。
使用する塗料によって効果が違います。
塗料のメーカーや商品名が書かれている業者がおすすめです。

 

*見方のポイント3

 

保証について記載されているかもポイントでしょう。
外壁塗装がきれいに仕上がっても、数年後に不具合が出ることがあります。
優良な業者は不備があった場合でも、アフターケアをしてくれます。

 

□注意点

 

*一式だけでまとめられていないか

 

外壁塗装の内容が細かく書かれていないと、工事内容が保証されません。
詳細が記載されている業者を選びましょう。
また、塗料だけでなく、運搬交通費や消耗品費がかかることがあります。
細かいところまで記載していると、透明性があり信頼できますね。

 

□まとめ

 

今回は外壁塗装の見積り書の見方や注意点について解説しました。
この記事を参考に外壁塗装をしてみてください。
高知で内装や外装のリフォームをお考えの方はいませんか?
当社では塗装以外のリフォームを承っています。
外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事といった塗装に関することやリフォームについて聞きたいことはお気軽にご相談ください。

業者選びの際の注意点まとめ!高知の外壁塗装業者がご紹介

2019/12/03

「初めての外壁塗装を考えているが、家族もいるため安全な業者を選びたい。」
「業者を選ぶ際の注意点が知りたい!」

このように外壁塗装についてお悩みの方はいませんか?
外壁塗装をして、家の印象を良くしたい方は多いのではないでしょうか。
しかし、中でも業者の注意点が分からなくて不安な方は多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回の記事は、外壁塗装業者の注意点について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□外壁塗装の事前に知っておきたい!業者選びの際の注意点とは

 

*なぜ外壁塗装は悪徳業者が多いのか

 

・定価がない
外壁塗装の工事に、定価はほとんどありません。
費用の内訳には、塗料代や人件費、業者によって違います。
その他にも、外壁の劣化具合によって、塗料の量や工事内容も変わってきます。
そのため、明確な相場が決まらず比較がしにくい傾向にあります。

 

・塗装工事の品質が判断できない
塗装工事が完了した後は、手抜きの工事に気づかず、数年後に発覚することがあります。
塗装後は色にムラがある、またはひび割れていない限り気づけません。

 

*実際にあった事例

 

・外壁の状態を実際よりも悪く言い、不安にさせる
「外壁の状態が悪いので、早急に工事を始めないと崩れる」と言って、不安にさせる業者には気をつけましょう。
急いで工事をしたくなりますが、分かりやすい状態でない限り、家が崩壊する危険はありません。

 

*注意点

 

・見積り書が外壁塗装一式
見積り書の内容が外壁塗装一式の業者には、注意しましょう。
費用の安い見積り書を出して、工事開始後に追加で請求することがあります。
費用だけでなく、使用する塗料や細かい内訳を確認しましょう。
分からない点がある時は、業者にしっかりと伝えてください。

 

・保証がない
保証の有無も外壁塗装業者を選ぶ際の注意点になります。
工事完了後に、塗装がはがれるといった不具合が起きることもあるでしょう。
そのような時に、保証があると安心して施工を依頼できます。
しかし保証があっても、保証の範囲が業者によって異なります。
不具合が出た箇所が保証対象外にならないように、保証内容もしっかりと確認しましょう。

 

□まとめ

 

今回は外壁塗装業者の注意点について解説しました。
この記事を参考に外壁塗装業者を選んでみてください。
高知で内装や外装のリフォームをお考えの方はいませんか?
当社では塗装以外のリフォームを承っています。
外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事といった塗装に関することやリフォームについて聞きたいことはお気軽にご相談ください。

外壁塗装の費用相場って一体どのくらい?高知県の塗装業者が徹底解説

2019/11/25

「初めての外壁塗装を考えているが、子供がいるため、費用と相談したいと考えている…」
「費用を見る際に内訳について知っておきたい!」

このように、外壁塗装の費用についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
いざ外壁塗装をしようと思っても費用が分からないと不安ですよね。
決して安い買い物ではないため、費用についてイメージしておくことが重要です。
そこで今回は、外壁塗装の費用の内訳について解説します。

 

□事前に知っておきたい!外壁塗装の費用内訳とは

 

*費用相場

 

一般的な2階建ての住宅を外壁塗装する場合、80万?120万円でしょう。
住まいの大きさや劣化具合で費用は変わるので、上記の金額より高くなる場合もあるため注意しましょう。

 

*内訳1:材料費

 

使用する材料の費用です。
塗料は種類によって費用が異なり、一般的には無機塗料が一番高く、アクリルが一番安いとされています。
外壁塗装で使われるすべての材料の費用と覚えてください。

 

*内訳2:足場

 

外壁塗装を行う時に使う足場を組み立てる費用です。
足場代のタダにすると言う業者も見受けられます。
足場代を無料にして、他の費用に上乗せしていることもあるので注意してください。

 

*内訳3:人件費

 

塗装屋の職人の費用になります。
ベテランの職人と経験の浅い職人で、費用が変わります。
工期が長いとその分、人件費がかかるのでベテランの職人に手早く工事してもらうと、コストを抑えられます。
そのため、ベテランの職人に依頼することをおすすめですね。

 

*内訳4:その他・運営費

 

人件費、足場代、材料費以外にかかる費用です。
現場への移動費や保険費、事務手数料といった費用が含まれています。

 

□注意点

 

*足場代無料には注意

 

上記に示したように、「足場代を無料にします」という業者には注意しましょう。
足場を組むには、国家資格を必要とする作業主任者を配置しなければなりません。
そのため、専門の業者に依頼する施工業者も多いです。
これだけの工程・人件費がかかる作業を無料することは難しいですね。
足場代を無料にすると言いながら、材料費や人件費が高くなっていないか注意してください。

 

□まとめ

 

今回は外壁塗装の費用の内訳について解説しました。
費用の不安を取り除いてから外壁塗装をしましょう。
高知で内装や外装のリフォームをお考えの方はいませんか?
当社では塗装以外のリフォームを承っています。
外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事といった塗装に関することやリフォームについて聞きたいことはお気軽にご相談ください。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

家全体、水回りをはじめ、外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装やリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

© 2019 株式会社M'sペイント