高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ブログ

高知で外壁塗装をしたい|diyのメリットとデメリットをご紹介

2019/08/10

「あそこの壁の塗装、剥がれてきたなぁ」
「diyってしたことないけど、どんな感じなのかな」
壁の塗装を少しするくらいなら、自分でできそうだと思ってしまいますよね。
diyをしようかどうか迷っている方に、今回はdiyのメリットとデメリットをご紹介します。

□diyの方法

では、まずdiyをするにはどのような手順でしなければならないのでしょうか。

*足場の確保

塗装を行うために足場を確保して、安全な状態で始めましょう。

*洗浄

壁についたゴミ、カビやコケ、ほこりなどを落としてきれいな状態にしましょう。
高圧洗浄機やデッキブラシなどを使用してきれいに洗い流します。

*養生

塗装しない部分に養生テープや養生シートを貼り、塗装部分以外に塗ってしまうことを防ぎます。
また、飛散防止シートで住宅を覆います。

*下地(壁)補正

下地(壁)の凸凹を埋める作業です。
パテを使ったり、セメントを使って水平にしたりして、真っ直ぐな壁にします。

*下塗り

下塗りは、下地(壁)と塗料をより粘着させるために行う工程です。
下塗り用の「シーラー」か「フィラー」という塗材を使います。
壁の状態に応じて、どちらを使用するか選びます。

*中、上塗り

中、上塗りをして完成です。
耐用年数が長い塗料を選んで使いましょう。

diyで塗装をするには、このような手順を踏まなければなりません。

 

□diyのメリット

*節約

diyにすると、業者に頼むよりも安く済みます。
しかし、塗装する道具や塗料、またそれらを捨てる代金を合わせると、合計で50万円ほどかかる可能性があります。

 

□デメリット

*仕上がり

diyをすると、仕上がりが悪くなってしまうことが多いですが、業者に頼むと仕上がりが確実です。
工事直後はきれいに塗装できたと感じていても、数年後にトラブルが起きることも珍しくありません。
長い間暮らす家ですので、業者に頼んできれいな仕上がりにしてもらいましょう。

*危険

自分で塗装を行うと、足場を踏み外して命を落とす可能性もあります。
危険を伴う作業ですので、なるべく自分でするのは控えた方がよいと思われます。

*手間がかかる

diyだと、当然大変な手間がかかります。
また、塗料だけではなく、diyをするための備品も買い揃えなくてはなりません。
業者に頼むとすべてやってもらえるので、おすすめです。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装をdiyで行うメリットとデメリットについてまとめました。
diyは楽しく、節約もできますが、危険を伴い手間と時間もかかります。
そのため、安全で仕上がりも綺麗な業者に頼むのをおすすめします。
当社では、経験豊かなプロが塗装することで、満足のしていただけるサービスを提供しております。
ぜひ一度お問い合わせください。

外壁にカビが発生した…その原因と対策をご紹介します!

2019/08/06

「あそこの壁に、カビが生えてきたな」
外壁にカビが繁殖していると、見ていて嫌な気持ちになってしまいますよね。
また、見栄えもよくないので、すぐに解決したいところです。
そこで今回は、外壁にカビが繁殖してしまう原因と対策をご紹介します。

 

□カビとは

コケは植物ですが、カビは菌類です。
コケは太陽光がないところでは育ちませんが、カビは太陽がなくても繁殖してしまいます。
そのため、コケよりもカビの方が繁殖力が高いと言えます。
どのような場所でカビが発生してしまうのでしょうか。

 

□カビが発生しやすい場所

では、どのような場所にカビが発生するのでしょうか。
基本的にカビは、湿気の多い場所に発生します。
具体的にどのような場所なのか、ご紹介します。

*日当たりが悪い

コケと反対に、カビは日当たりが悪い場所で繁殖しやすいです。
日当たりが悪い場所は、湿気が乾燥しにくい環境ですので、カビが繁殖しやすくなります。

*風通しが悪い

風通しが悪い場所は、乾燥しにくいため湿気が多くなります。

*結露が起こりやすい

結露によって水滴が発生しやすい場所は、湿気があるのでカビが繁殖しやすいです。

*壁にでこぼこがある

壁にでこぼこがあると、間に水分が溜まり、カビが発生しやすくなります。

*まわりに植物がある

植物に付着しているカビは風に乗ってやってきますので、壁のまわりに草木が近くにある場合、カビが発生しやすいです。

 

*塗装が劣化している

外壁にカビが発生する理由として、塗装が劣化しているという大きな理由があります。
塗装が剥がれているところがカビの発生場所となってしまうのです。

 

□カビ対策

では、カビ対策のために何ができるのでしょうか。

*自分で掃除する

高圧洗浄機や、ブラシなどで自分で掃除をする方法です。
自分で掃除をするのは体力と時間が必要です。
余裕があり壁のカビも狭い範囲だという方は、自分で掃除をするのもいいかもしれません。

*外壁業者に頼む

カビが発生してお困りでしたら、ぜひ外壁塗装業者にご相談ください。
外壁業者に頼むことで、近所に迷惑をかけないように掃除をしてくれますし、家に合った方法で洗浄してくれます。
自分で掃除するのは位置によれば危険を伴うこともあります。
外壁塗装業者に頼むことで、きれいに、また安全に壁の掃除をすることができます。

 

□まとめ

今回は、外壁に発生するカビの原因と対策についてまとめました!
当社は、家の外壁に合った方法でカビの処理をしています。
ぜひ一度お問い合わせください。

屋根塗装をした方がよい時期とは?

2019/08/02

「屋根の塗装をしたいけど、いつしたらいいのだろう」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
屋根塗装には向いている時期があります。
そこで今回は、屋根塗装をするのに向いている時期をご説明します。

 

□屋根塗装

なぜ、屋根塗装をすることが必要なのでしょうか。
屋根塗装が剥がれてしまうと、そこから雨水などがたまり、カビが発生しやすくなったり、木材でできたお家の構造部分が腐食していったりするからです。
一生暮らす家を大切にするためにも、屋根塗装が剥がれてきたと思ったらすぐに業者に相談しましょう。

 

□地域に合った屋根塗装

地域によって、特性がありますので、それに合わせた屋根塗装を行うことが大切です。
高知県の特徴としては、梅雨時期が湿度が高くなりじめじめしていて、夏は太陽光が強く、気温が高くなるという特徴があります。
また、台風が上陸することが多いため、ほかの地域に比べて頑丈な塗装を行うことが必要です。

 

□屋根の状態を確認

屋根塗装をするタイミングを知るために、業者にお家の劣化度をチェックしてもらいましょう。
劣化する原因として、以下のようなものが挙げられます。

*くすみや色褪せ

壁がくすんできた、または色褪せているなと感じたら塗装をすることを考え始めましょう。

*チョーキング

触ると白い粉がついてくることがあります。
そのような状態ですと劣化していますので、もう一度塗装しましょう。

*カビ

塗装が剥がれてくると、そこにカビが発生します。
カビは菌類ですので繁殖します。
繁殖範囲が大きくなる前に食い止めましょう。

*さび

さびている場合、穴が開いてしまうこともあります。
屋根に穴が開いてしまっては雨水などが家の中に入ってきてしまいますので、早めに業者に連絡しましょう。

 

□屋根塗装の時期

外壁塗装は10年おきと言われますが、屋根塗装の時期はどのくらいなのでしょうか。
結論から言うと、屋根塗装も外壁塗装と同じ10年おきくらいだと言われています。
屋根の種類にもストレート瓦、セメント瓦、日本瓦、金属屋根があります。
このうちの日本瓦は塗装の必要がありませんが、それ以外は5~10年で塗装の補正をする
必要があります。
しかし、屋根は外壁に比べ、雨や風、また太陽熱などのダメージを受けやすくなっています。
そのため、どれほど劣化しているのかをよく注目しておく必要があります。

 

□まとめ

今回は、屋根塗装をする時期についてご紹介しました!
屋根塗装を正しいタイミングと時期に行って、見た目も綺麗で快適な住まいに暮らしましょう。
当社では、お客様のお家の屋根にあった塗装の方法を考え、満足のできる仕上がりにします。
ぜひ一度お問い合わせください。

高知県で外壁塗装|塗料の選び方のポイントは?

2019/07/29

外壁塗装の塗料には様々な種類があります。
また、塗料にはグレードが存在し、グレードが高くなることによって耐用年数が長くなったり、値段が高くなったりします。
そこで今回は、外壁塗装に使われる塗料の選び方のポイントをご紹介します。

□塗料の種類

塗料は、主に4つのグレードに分けられます。

*アクリル樹脂系

最も値段が安く、また耐用年数が短い塗料です。
今後引っ越しやリフォームの予定があり、あまり耐用年数が長くなくてもよいという方や、値段をとにかく重視するという方に選ばれます。
耐用年数が5~8年ほどなので、すぐに塗り替え工事をしなければなりません。

*ウレタン樹脂系

この4つの中で2番目に価格が安い塗料です。
外壁や鉄、木の部分にも塗装ができる塗料として人気です。
また、耐久性や耐薬性、耐油性にも優れています。
耐用年数は、8~10年で、少しでも安い値段で塗り替えを行いたいという方におすすめです。

*シリコン樹脂系

この中で3つ目に高いグレードの塗料です。
値段も高すぎず、耐用年数も長く、ウレタン樹脂系の塗料よりも耐久性や防汚性に優れていることから人気です。
安全面や衛生面においても高い評価を得ています。
耐用年数は、10~15年で長い間、壁の塗装を美しく保つことができます。

*フッ素樹脂系

この中で最も高いグレードを持つ塗料です。
他の塗料にはないツヤがあり、見た目がとてもきれいに仕上がります。
また、長い年月が経ってもきれいなままの状態をキープすることができます。
値段は高価になりますが、効果は絶大です。
耐用年数は、15~20年ほどです。

 

□塗料を選ぶポイント

*予算

塗料を選ぶ際には、予算を決める必要があります。
これからも塗装をし直す費用を考えて、長い目で見て予算を決めましょう。

*業者に相談

塗料を選ぶのは、プロでも難しいです。
そのため、素人が選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。
どのような塗料がいいのか業者に相談して、その家に合った塗料を選んでもらいましょう。

 

□注意点

悪徳業者の中には、「耐用年数も高く値段が安いオリジナルの塗料を使用しています」と言っているところがあります。
しかし、そのような業者は詐欺の場合もありますので、注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装に使われる塗料の選び方のポイントをご紹介しました。
あなたのお家の壁にあった塗料を選びましょう。
当社では、お客様のお家を見て、それにあった塗料で塗装を行います。
ぜひ一度お問い合わせください。

外壁にサビができてしまった!原因と対策についてまとめました!

2019/07/25

「壁にできたサビ、どうしよう…」
「新しく家を建てたけど、壁にサビをつくりたくない!」
「サビができないようにする対策は?」
あなたの外壁には、サビができてしまっていませんか?
サビは見た目を悪くするだけではなく、家の建築資材なども悪くしてしまいます。
そこで今回は、外壁にできてしまったサビの原因と、その対策についてご紹介します。

□サビとは

サビができるということは、金属系の腐食が進行しているということになります。
腐食とは、化学反応が起こり、その部分が変形してしまったり、機能しなくなったりしてしまうことをいいます。
サビの成分は場所や状況によってさまざまなので、サビによって色や性質なども違います。

 

□サビができる原因

サビができる原因は、水分が原因のことが多いです。
水と酸素と電子が反応して、サビになってしまうのです。
サビの発生する原因は、木材建築の場合と鉄筋コンクリートの建築の場合で違います。

□木材建築の場合

*外壁のモルタル部分

まず、ひとつの原因として外壁のモルタル部分からサビができてしまったということが挙げられます。
外壁に使う板を合わせると、必ずスキマが生じます。
そのスキマにあるのが灰色の粘土のような「モルタル」です。
そのモルタルの内部に水が入ることによって、サビが発生してしまうのです。
外壁内部にある防水シートが機能していないなどの原因が挙げられます。

*バルコニー

バルコニーの軒天井にサビができてしまった場合、バルコニーの手すりまわりから水漏れしてしまっているという原因が多く見られます。

 

□鉄筋コンクリートの建築の場合

*建造物に取り付けた金具

原因のひとつに、建造物に取り付けた金具が雨などの水分にあたり、サビができてしまうということがあげられます。

*コンクリートの中の鋼材

コンクリートの中に鉄筋などの鋼材がありますが、それらが腐食することによってサビが発生してしまいます。

 

□サビ対策

では、これらの原因でできてしまうサビの対策をご紹介します。
サビができないようにするためには、サビを未然に防ぐ方法と、できてしまったサビをなくす方法に分けられます。

*未然に防ぐ方法

未然に防ぐ方法には、サビができないための外壁塗装をすることが挙げられます。
自宅のサビの原因や、どの塗料を使えばいいのかなどは業者に聞いてみましょう。

*できてしまったサビをなくす方法

まだそこまでサビの状態がひどくなければ自分で掃除することもできますが、適切なサビの処置を行ってくれる業者に頼むことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、外壁にできたサビの原因と、その対策についてご紹介しました。
あなたの家にできてしまったサビも、業者に相談することで解決することができます。
当社では、経験豊富なプロが家の状態を見て、適切なサビの対策をします。
ぜひ一度お問い合わせください。

外壁塗装が剥がれてしまった時の補修方法は?

2019/07/21

「外壁の塗装が剥がれてしまった!」
「外壁の塗装を剥がれにくくするために何ができる?」
「外壁の塗装を補修する方法は?」
外壁の塗装は、永久的に続くものではなく、いつかは剥がれてしまいます。
塗装が剥がれてしまった場合、どのようにして補修すればよいのでしょうか。
今回は、外壁塗装の補修方法をご紹介します。

□外壁塗装

外壁塗装は、ずっときれいに保たれるものではありません。
触ったら白い粉が指についたり、くすみや色褪せを感じたりしたら、塗装が剥がれ始めてしまっているという証拠です。
また、塗装が剥がれてしまうことによって、カビやサビなどができてしまうということにもつながります。
そしてそれがひどくなると、家の構造を変形させ、最悪の場合は家が壊れてしまうということにもつながります。
そのため、早めに外壁塗装の補修をすることをおすすめします。

□塗装をする時期

外壁塗装は、基本10年おきに塗り替えを行わなければならないと言われています。
塗料には、基本的に4つのグレードがあります。
それはグレード順に、アクリル樹脂系、ウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、フッ素樹脂系という種類です。
グレードが高くなれば高くなるほど、値段が高くなり、また耐用年数が長くなります。
補修をするタイミングで、耐用年数の長い塗料を選んでみてはいかがでしょうか。

 

□補修方法

塗装を補修するには、自分の手でする方法と業者に頼む方法で分けられます。

*diyでする方法

塗装をする範囲がせまい場合、自分で塗装の補修をすることができます。
そのためには塗料や足場確保のためのはしごやその他備品などを買い揃えて、近所に塗料が飛散しないように工夫する必要があります。
命の危険を伴う作業ですので、安全に慎重に行いましょう。

*業者に頼む方法

業者に頼むことで、仕上がりがきれいになるというメリットがあります。
また、地域や素材や予算などから、その家の外壁にあった塗料を選び、安心して外壁塗装をしてもらうことができます。
業者に頼むと、近所迷惑にならないような工夫もしてくれます。
外壁塗装の補修はプロに任せると間違いありません。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の補修方法についてご紹介しました。
外壁塗装の補修はいつか必ず必要となる作業です。
しかし、外壁塗装をするには大変な労力と時間を費やしますので、業者に頼むことをおすすめします。
当社では、お客さまのお家にあわせて、経験豊富なプロが外壁塗装を行っております。
ぜひ一度お問い合わせください。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装に関することやリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

Copyright ©‘2019’ 株式会社M'sペイント All rights Reserved.