高知県の外壁塗装・屋根塗装などあらゆる塗り替え工事や内装外装リフォームなどエムズペイント・エムズリフォームへお任せください!

  • 高知家
  • お問い合わせ
  • 電話088-874-4953

ブログ

外壁塗装の訪問販売での注意点についてご紹介

2019/02/20

皆さんは外壁塗装の訪問販売をされたことがありますか?

外壁塗装にはなじみのない人も多く、訪問販売にきた業者が話している内容が本当に正しいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

なんとなく話している内容に誘導されて施工を依頼したが、実は悪徳業者だったというようなことにはなりたくないですよね。

実際に外壁塗装の訪問販売によるトラブルは数多くあります。

そこで今回は外壁塗装の訪問販売において注意するべきポイントをご紹介していきます。

 

□注意するべきポイント

*資格の有無

外壁塗装の業者を見極める基準のなかでも分かりやすいものの一つとして、資格を持っているかどうか、が挙げられます。

外壁塗装に関する資格はいくつか存在しており、その中でも塗装工事業許可や塗装技能士(特級または一級)、雨漏り診断士、外壁塗装マイスターは信頼度が高い資格とされていますので参考にしてみてください。

必ずしも資格があるからといって絶対に安心できるというわけではないのでお気を付けください。

 

*積極的に値下げ提案に注意

「現在キャンペーンを行っているので○○万円引きで工事します」というような言葉を売り文句に、積極的に値下げアピールをしてくる業者には注意する必要があります。

値下げ後の値段でも相場よりは高く、損をしてしまうという場合がほとんどです。

また、「すぐに工事をしなければ危ない」と煽ってきたり、前払いを求めてきたりする場合はすぐに契約をせずに一度考えた方が良いでしょう。

 

*見積もり書の項目

見積もり書の項目が少なく、簡易的なものであった場合は悪徳な業者の可能性があります。

本来見積もり書には、窓や扉の周囲の長さや、屋根塗装の場合は勾配係数などを1,2時間程かけて見て回り、様々な情報を起こして作成されます。

しかし、「すぐに見積もりを出せます」と言って、家の周りを少し確認しただけで作られた見積もり書は情報量も少なく、信頼できません。

一つの業者の見積もり書を見て決めるのではなく、複数の業者に頼んで複数の見積もり書を見比べた上で判断することが重要です。

 

□まとめ

今回は外壁塗装の訪問販売において注意するべきポイントをご紹介してきました。

資格や値下げ交渉、見積もり書などに注意をすることが大事ということでしたね。

外壁塗装の訪問販売にくる業者の全てが悪徳業者であるというわけではないですが、トラブルが多いのは確かです。

皆さんも今回紹介したいくつかの項目を確認して、悪徳な業者に注意するようにしましょう。

雨漏りの修理の際に失敗しない業者の選び方について

2019/02/16

「自宅の雨漏りがひどくなってきたからどうにかしたい…」

「雨漏り修理の業者選びでは、どんな点に気をつけたら良いの?」

というようなお悩みや疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

今回は、雨漏りの修理を業者に依頼する場合に失敗しないためのポイントについてご紹介させていただきます。

雨漏りにお悩みの方は、一読いただき、ぜひご参考にしてみてください。

 

□業者選びの時の注意点

*現地調査を行うかどうか

業者のなかには、現地調査をせずに見積もりを出す業者もいるようです。

こうした業者はお客様のお家の状態に合わせた工事よりも契約を結ぶことを重要だと考えているかもしれません。

 

*保証内容が明記されているかどうか

雨漏りを修理するにはそれなりの金額が必要であるため、工事後に保証を行なってくれるかどうか、その内容が明記されているか、というのは非常に重要です。

 

*資格を持っているかどうか

雨漏りの修理をするにあたって、資格が必要というわけではありません。

しかし、資格を持っていると雨漏りやその工事について適切かつ信頼できる知識を備えていると言えるため、さらに安心して工事を任せることができます。

業者に依頼する前に、一度その業者が資格をもっているかどうかを確認してみましょう。

 

*お客様への対応が丁寧かどうか

家の雨漏りの被害はどの程度か、いつ頃からなのかといった症状について真剣に話を聞いてくれたり、工事について不安な点や気になる点を質問したら丁寧に答えてくれたり、というように、お客様への対応が良い業者であれば安心ですよね。

なかには、お客様の話をあまり聞かずに契約を結ぼうとしたり、お客様が質問してもすぐに答えてくれなかったりする業者もいるようです。

 

*全体的に修理してくれるかどうか

雨漏りを修理してもらう際に、雨漏りの原因である箇所ごとにその専門業者に依頼する、という方もいらっしゃるようです。

しかし、塗装業者の中には屋根修理業者やさっし業者を抱えている場合が多く、全体的に修理やリフォームをしてもらう方が結果的に安く済むことがあります。

そのため、雨漏りの箇所が複数ある場合には、それらをまとめて修理してくれる業者を探すのがおすすめです。

自社では、さっしについても屋根についても修理やリフォームを承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

□まとめ

ここまで、雨漏りの修理の際に失敗しない業者の選び方についてお話ししました。

さまざまなポイントに注意しながら業者を選ぶ必要があることがお分かりいただけたかと思います。

こちらの記事を参考に、雨漏りの修理をお考えの方は業者を選んでみてくださいね。

雨風によって外壁にはどのような影響があるの?

2019/02/12

皆さんは家の外壁の汚れやはがれが気になったことがありますか?

外壁は日々様々な外的影響を受け劣化していきますが、特に雨や風がどのような影響を与えているかが気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は雨や風による外壁や屋根の影響についてお話していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

□外壁の汚れ

*雨だれによる汚れ

多くの家で見られるのが雨だれによる汚れです。

外壁にはどうしても排気ガスや空気中にある油分、埃などが溜まってしまいます。

それが雨によって流されるときに黒いスジを作ってしまうのです。

雨が降ると砂埃が落とされてすっきりした気がする人も多いかもしれませんが、一方で雨だれによる汚れができているのです。

 

*風による汚れ

単純に風に乗ってきた砂埃による汚れだけでなく、近くに工場がある場合はばい煙によっても汚れる場合があります。

また、最近は特に中国から来た黄砂によっても外壁が汚れていきますし、他にも地域によっては風に運ばれてきた火山灰によって外壁が汚れるということもあります。

 

□外壁のはがれ

*雨によるはがれ

外壁にクラックやシーリングに隙間がある場合、そこから塗膜内部に雨水が入ることによって湿気が溜まり、それによって塗膜が剥がれていってしまいます。

 

*強風によるはがれ

特に台風による強風によって外壁がはがれ落ちる可能性があります。

しっかりとメンテナンスがされていれば、なかなかはがれ落ちることはありませんが、長年点検がされていないとなると、強風によって劣化箇所がはがれてしまうことがあります。

 

□屋根の吹き飛び

*強風による吹き飛び

一般的に屋根の瓦が吹き飛ぶ風速は毎秒25メートルとされています。

特に毎秒30メートルを超えてくるとその危険はより高まります。

飛来物によって屋根がえぐられ、そのあとの強風によって屋根の瓦などが吹き飛んでしまうということもあります。

屋根の瓦が吹き飛んでしまった場合は、近所の方にも迷惑をかけてしまいますので、そうならないように普段から点検を行う必要があります。

 

□まとめ

今回は雨や風による外壁や屋根の影響についてお話してきました。

雨風によって外壁が汚れたり、はがれたり、屋根が吹き飛んでしまったりと様々な影響があります。

また、雨風以外にも様々な要因で外壁の汚れやはがれは進行していきます。

雨や風などの自然現象が全く発生しない場所に家を建てることはできないので、外壁塗装によってしっかり雨風を防ぎましょう。

外壁塗装の見積もりの取り方と流れについてのご紹介

2019/02/08

高知県内にお住まいの皆さんは外壁塗装の見積もりの取り方や、その後の流れをご存知ですか?

外壁塗装を業者に依頼しようと思っても、実際にどのように動けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、外壁塗装の見積もりの取り方やその後の流れについてご紹介していきます。

 

□見積もりを取るまでの流れ

*外壁塗装の業者を探す

まずは外壁塗装の業者を探すところから始まります。

地域ごとに沢山の業者が存在しているため、ネットやタウンページなどを使ってお近くの業者を探します。

探す際はネットの口コミなども参考にして選ぶことをおすすめします。

口コミを利用することで、実際に依頼した人のリアルな意見を参考にすることができます。

外壁塗装の工事費の相場が分からない、という場合はぜひ一度当社にご相談ください。

値段の相場だけでなく、工事について分からない点についてご相談を承っております。

また、業者仲介サービスというものも存在しますが、こちらを利用することはあまりおすすめできません。

なぜなら、こうした仲介業者を利用すると仲介料を請求されてかえって費用がかかってしまう場合があるからです。

 

*現地調査

HPから、もしくは電話などで見積もりの問い合わせをして現地調査をしてもらいます。

現地調査ではその時の外壁の状態や劣化の具合、施工面積などを、実際に業者に見てもらいます。

また、予算や完成のイメージ、どのような色が良いのかなどの細かい確認もこの時に行います。

もし分からないことがあればその時にしっかり確認しておきましょう。

 

*見積もり書の完成、契約

現地調査が終了した後、業者によって見積もり書が作成されます。

見積もり書は費用だけでなく、工事にかかる時間や流れも書いているのでしっかり確認するようにしましょう。

また、トラブルを回避するためにも費用の内訳も必ず確認しておいた方が良いです。

 

□見積もり後の流れ

見積もりが終わって、見積もり書に納得できた場合は契約成立となり、いよいよ工事に移ります。

工事期間中は騒音やにおいなどが発生して、近所の方に迷惑をかけることもあるので、工事に先立って近隣住民に挨拶をしておきましょう。

その後、足場が組まれて、洗浄や下地処理などを経て塗装が行われます。

 

□まとめ

今回は外壁塗装の見積もりの取り方やその後の流れについてご紹介してきました。

業者を探すところから始まり、現地調査を経て、見積もりに至るという流れがあります。

現在外壁塗装の業者を探している方はぜひ参考にしてみてください。

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?

お住まいのリフォームも一緒に検討してみませんか?
塗装以外にもリフォームのご相談も承っています!

外壁塗装・屋根塗装・内部塗装・防水工事(雨漏れ修理)など塗装に関することやリフォームについて聞きたいことなどお気軽にご相談ください。

電話088-874-4953
まずは相談してみる
負担金0円の新しいリフォームの仕組みスマートリノベーション

Copyright ©‘2019’ 株式会社M'sペイント All rights Reserved.